オキナインコの可愛さを伝えたい

オキナインコ オキナインコ
keiko

家にはオキナインコがいます。

名前はなーちゃんです。

オキナインコって?

オウム目インコ科で、南アメリカが原産国です。

体長約30㎝体重は120gほどです。

寿命は長ければ30年ともいわれています。

なーちゃんは2020年3月現在で、まだ月齢7ヶ月の幼鳥です。

なーちゃんノーマル種でグリーンの色味ですが、ブルーイエローなどもいます。

かなり巨大な群れと巣をつくる珍しい個体です。

熱さ寒さにも割と強いため、飼いやすい個体といわれています。

賢さもヨウムに次ぐといわれていて、雄雌問わずおしゃべりが得意な個体です。

なわばり意識が強く、ケージに不用意に手を入れると噛んできます。

ヒナの頃

家にお迎えしたばかりのなーちゃん、ホワホワでとても可愛かったです。

幼鳥特有の、ワキワキダンスをしていました。

懐かしいですね~w

この頃は挿し餌を一日3回していました。

その後、2回→1回と減らしつつ、ペレットで1人餌にもっていきました。

1人餌にするのに粟穂が役に立ちました。

オカメインコを飼ったことがないのですが、オカメさんは甘えたなので、一人餌にするのが大変と聞きます。

その点、おそらくオキナは楽です。

飛ぶようになればケージにおもちゃなどを入れてあげて、1日1時間は放鳥をして遊んであげてください。

現在

男前になりましたね~w

(オスなのかメスなのか、わかんないんですけどね)

1日約1時間ぐらい放鳥させています。

とにかくやんちゃで、あっちこっちの物を噛み潰しますし、落とします。

リモコンとかキーボードは無惨なことになってますw

食事は完全にペレットです。リンゴや小松菜、豆苗もたまに与えています。

それと、ものすごくうるさいです。

集合住宅で飼うには厳しいのかなーと感じます。

アクリルのケージを囲うボックスも売られているようですが、まだ試していません。

結構お高いので。。

オキナインコを飼うメリット

メリットというか、飼ったあとに良かったと感じたことですね。

可愛い

見た目が好みです。それが全てです。

オキナインコっていうのは翁からきているらしく、おじいちゃんっぽい雰囲気が可愛いです。

羽も綺麗なんですよね。

賢い

賢さはヨウムに次ぐといわれている通り、理解することが早く、おしゃべりも上手な個体です。

我が家はまだお話できないのですが、握手とかバイバイらしきことはしてくれるようになりました。

コミュニケーションが取れるのは楽しいですね。

ご飯代が安い

毎月の出費はご飯代+α(おもちゃとおやつぐらい)ですが、1日体重の10分の1程度の食事なので、一日10gちょっとぐらいです。

月500円も掛かっていません。

おもちゃにいくら掛けるかで変わってきますね。

我が家もおもちゃは結構色々購入しています。

飽きない工夫が大事なようです。

デメリット

デメリットという言い方は違うのかもしれませんが、注意すべきことです。

声が大きい

びっくりするぐらい声が大きいです。

外にいても結構な音量で聞こえます。

呼び鳴きが特にひどく、同じ部屋にいるのが少し辛い時もあります。

おしゃべり好きな反面、うるさいってことですねw

くちばしの力が強い

何度か流血しています。

本人(本鳥?)は毛づくろいのつもりかもしれないのですが、耳とか唇とか噛まれて血が出たことも。

子供はちょっと怖がっています。

ここだけは子供に申し訳なかったです。

しつけ次第でどうとでもなりますが、根気がいりますね。

トイレのしつけができない

つまりあっちこっちにしちゃいます。

鳥の性質上、常に体重を軽くしておくため、決めた場所にすることができません。

ケージの中ではいいのですが、放鳥した時ももちろん関係ないので、家のあちこちにフン跡がございます。

まとめ

私の周りではオキナインコを飼っている人がいないので、オキナインコ話ができなくてちょっと残念です。

誰でも飼えるというわけではありませんが、とっても可愛いので、私は是非オススメしたいインコちゃんです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ではでは

タイトルとURLをコピーしました